JAの住宅ローンは誰でも使える?|徹底解説

住宅ローン

[PR]当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

相談者
相談者

「JAの住宅ローンって農家の人しか使えないものだと思ってるけど、本当はどうなんだろう。どんな商品なのかも合わせて知りたいな。借り換えの方法も色々あるみたいだから詳しく知りたいな」


こんな悩みに答えます。

 記事の執筆者情報

・不動産業界歴10年以上
・宅地建物取引士 / 2級FP技能士
・住宅ローンアドバイザー
・JSHI公認ホームインスペクター
・日商簿記2級
HAYABUSA
HAYABUSA

農家以外の人はあまり馴染みがないと思いますが、JAは住宅ローン審査から融資まで行っています。

本記事のポイント

 

それでは解説していきます。

➤合わせて読みたい

 

JA住宅ローンとは

JAときくと農家というイメージがありますが、一定の基準を満たせば誰でも使える住宅ローンです。

農家じゃなくても口座開設可能

母体が農協なので農家専用と思われがちですが、農家以外でも利用できます。

都道府県規模の「都道府県信連」、および全国規模の「農林中央金庫」で構成する組織総称が「JAバンク」です。住宅ローンを貸してくれるのは、都道府県規模の組織である信連になります。

  • 農家の組合員のほか、地域の住人や管轄地域に勤める人も利用できる
  • JAキャッシュカードがあれば、JAバンクのATMはもちろん、セブン銀行やイーネットATM、ローソンATM、ゆうちょ銀行など、全国に展開するのATMが無料で利用可能
  • 農協組合員でない場合は一定の制限があるが、 出資金(1口1万円)を払って準会員になることも可能。住宅ローンが完済した後に組合員を辞めれば返金される
HAYABUSA
HAYABUSA

JAバンクは、地域密着型金融機関としての側面があります。

各JAバンクで金利が異なる

JAバンクで特徴的なのが、同じ県内でもJAが違えば、住宅ローン金利が異なります。居住地と勤務地のJAバンクの金利が違う場合は、比較して金利が低い方を選べば良く、都市銀行や地方銀行と違うポイントになります。

HAYABUSA
HAYABUSA

JAバンク埼玉、JAバンク大阪、JAバンク熊本などは金利を掲載していますが、県内の各JAによって住宅ローンの金利は異なります。詳細条件は、各JAによって異なるので、確認が必要です。

審査基準

申込基準としては、年収(給与所得者)150万円以上、勤続年数(給与所得者)1年以上となっています。

ただし、頭金20%を用意できないと高い金利になってしまうので、なるべく頭金を用意することをおすすめします。

じっくり検討したい人向け

身近に農業関係者がいないとJAバンクとの取引はないかもしれませんが、地域密着型で親しみやすいため、対面でいろいろと相談したい人におすすめです。

また、頭金20%を用意できれば、比較的金利も低くなります。

HAYABUSA
HAYABUSA

審査は決して早いほうではないので、じっくりとマイホームを考えて建てようという人には向いています。

目次に戻る↑

JA住宅ローンの特徴

特徴

ここでは、JAならではのメリットを解説します。

金利が選択可能

正式承認後、一定期間内に融資実行する場合、「融資承認日等」と「実行日のうち低い金利」を適用するJAがあります。

HAYABUSA
HAYABUSA

民間の金融機関をはじめ、一般的には「融資実行日」の金利が適用されます。

留保金制度

土地を取得して住宅を建てる場合などでは、手付金や中間金などの複数回の支払いが発生します。JAの住宅ローンは、土地購入時・建物の着工金・中間金・最終金などに必要な時に必要な金額だけ実行できます。

HAYABUSA
HAYABUSA

一部の銀行が扱う「分割融資」をより便利にした商品です。「つなぎ融資」を利用する必要がありません。

目次に戻る↑

JA住宅ローンの商品概要

商品プラン

JAバンクは都道府県ごとに別組織で運営しており、商品タイプに違いはあるものの、主に3つのケースを用意していることが多いです。

ここではJAバンク埼玉の商品を中心に解説します。

【一般型 新築・購入コース】

保証会社によって商品名が違うが、申し込めば、埼玉県農業信用基金協会と協同住宅ローン株式会社の2社で審査をしてくれます。どちらも自己資金(頭金)が20%以上あることが借入申し込みの要件とされており、

もう1つの要件としては、前年度の税込み年収が150万円以上です。

※参照:JAバンク

【100%応援型 新築・購入コース】

新規借入・土地なしで、頭金が20%以上用意できない人に向けた住宅ローンです。保証会社が埼玉県農業信用基金協会と協同住宅ローン株式会社の2つあり、両方で審査してくれるので、最終的に金利が低い方を選ぶことができます。

ただし、申し込みの要件としては前年度の税込年収が300万円以上。

※参照:JAバンク

【借換応援型 借換コース】

借り換え希望の人に向けた商品コースです。担保評価額の300%まで借入ができるところがポイントです。保証会社は、埼玉県農業信用基金協会と協同住宅ローン株式会社の2社があり、自動的に両社で審査してくれるので、最終的に金利が低い方で契約が可能。

借入金額と保証会社によって保証料が異なるため、最適なものを選ぶことができます。


※参照:JAバンク

団体信用生命保険の内容

 JAバンクの住宅ローンの団体信用生命保険(団信)は、「死亡・高度障害」が無料で付帯しており、他行と同じ内容です。JAさいたまのオプションの団信では【三大疾病保障特約付団体信用生命共済 (金利+0.1%)】があります。金利上乗せ幅は小さいため、保証も手厚いとはいえません。

保障範囲は以下の通り。

  • がんは「診断」されただけで住宅ローン残債は0円
  • 急性心筋梗塞は「労働制限を必要とする状態が60日以上継続」の場合、住宅ローン残債は0円
  • 脳卒中は「言語障害等の他覚的な神経学的後遺障害がある状態が60日以上継続」の場合、住宅ローン残債は0円

団信の加入によって、現在加入している生命保険の「必要保障額」と合わせてどれぐらいになるのか確認しておきましょう。

団信と生命保険で保障が手厚くなると思いがちですが、備えが必要以上になりすぎている場合があります。住宅ローンを組むタイミングで生命保険の見直しもしましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA

必要保障額は「残された家族の総支出(生活に必要なお金)」と「残された家族の収入」の差額で算出できます。

保証料

保証料は、信用力によって 0.08%~0.25% と幅があるため、審査結果によってはかなり割高になるので注意しましょう。

目次に戻る↑

JA住宅ローンのデメリット

デメリット

JAのデメリットの主な部分を解説します。

他の金融機関よりアナログな部分がある

JAバンクのデメリットとしては、基本的に対面相談になるなど、アナログな部分がある点です。

JAバンクでは、随時相談会を開いており、「JA住宅ローンご相談シート」に事前に記入して住宅ローンの申込みに行くと手続きは比較的早いです。※事前審査と本審査共の回答は、申込みから目安3〜4日後(営業日)

もちろん、混雑や書類等の不備などがあれば、回答は遅れるので、審査に通るまでは少なくとも10日から2週間程度はかかりそうです。

目次に戻る↑

JAの住宅ローン 取り扱い例(新規購入者向け)

例

JAの住宅ローンについて、主な取り扱い例を纏めました。店舗ごとに金利は異なるため、都度確認が必要になります。

主な「10年固定」と「変動金利型」

JAの各金融機関について、「10年固定」と「変動金利」に関する金利情報を一覧でまとめました。

  • 金利は全て最優遇金利
  • 給与振込、カード、公共料金の口座振替等で、最優遇金利を受けられるケースあり
  • インターネットバンキング利用で、一部繰上げ返済手数料は無料
  • 「3大疾病保障付団信」を0.1%上乗せ金利で利用できる地域やJAが増えている
  • JAによって、融資手数料に格差が広がっているため確認が必要

※右へスクロール

JA名称10年固定金利変動金利型備考
基準金利優遇金利11年目~基準金利優遇金利
北九(福岡)2.40%0.70%▲1.1%3.125%0.52%
広島市3.000.90%▲1.4%2.725%0.60%
あかし(兵庫)3.29%(0.80%)▲1.70%2.475%(貯金連動型)
兵庫六甲(兵庫)3.05%(0.72%)▲1.83%2.475%0.60%(三大疾病付)
ならけん(奈良全県)3.28%0.88%▲1.875%2.475%0.60%
大阪南2.65%0.70%▲1.7%2.475%0.625%
あいち豊田(愛知)3.20%(0.695%)▲1.6%2.475%0.425%(三大疾病付)
西三河(愛知)3.54%(0.68%)▲1.4%2.475%(0.46%)(三大疾病付)
とうかつ中央(千葉)3.50%0.90%▲1.8%2.475%0.495%
セレサ川崎(神奈川)3.54%0.95%▲1.4%2.475%0.60%
東京みらい3.50%0.90%▲1.4%2.475%0.50%保証料型の例
越谷市(埼玉)3.45%0.59%▲1.7%2.475%0.52%
さいたま(埼玉)3.45%0.70%▲1.7%2.475%0.60%
おやま(栃木)3.45%0.775%▲1.8%2.725%0.625%
※2022年5月現在

主な「段階金利型」

※右へスクロール

JA名称金利設定状況備考
新さっぽろ(北海道)当初3年:0.59%、〜10年目:1.15%、11年目以降:1.55%
前橋市(群馬)当初15年:1.04%、16年目〜:1.44%
JAバンク高知県当初10年:1.20%11年目〜:1.11%
うま(愛媛)当初10年:0.77%11年目〜:1.11%融資額×2.2
%+33,000円
おちいまばり(愛媛)当初10年:0.78%11年目〜:1.12%融資額×1.80%
西三河(愛知)当初10年:0.49%11年目〜:1.30%高知県の全JA共通
あいち中央(愛知)当初10年:0.70%11年目〜:1.30%
あいち豊田(愛知)当初10年:0.595%11年目〜:1.30%3大疾病保障付
つくば市(茨城)当初10年:1.00%11年目〜:1.65%
※2022年5月現在

目次に戻る↑

まとめ

今回はJA(農協)の住宅ローンについて紹介しました。

抑えておくポイントは以下になります。

本記事のポイント

 

以上、JA(農協)住宅ローンの解説でした。

住宅ローンの基礎知識を付けたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

➤合わせて読みたい

 

目次に戻る↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました