ワンルームはやめたほうがいい?|特徴や注意点について

賃貸

[PR]当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

「ワンルームの賃貸物件て実際どうなんだろ。壁や間仕切りがなくて広く感じるのがメリットなのかな。詳しく知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

 記事の執筆者情報

・不動産業界歴10年以上
・宅地建物取引士 / 2級FP技能士
・住宅ローンアドバイザー
・JSHI公認ホームインスペクター
・賃貸住宅メンテナンス主任者
・日商簿記2級
この記事はこんな人におすすめ
  • 初めて一人暮らしをする予定の方
  • 賃貸マンションの引越しを考えている方
  • ワンルームと1Kの特徴を知りたい方

一人暮らしでワンルームはやめたほうがいいでしょうか。

特に初めての一人暮らしでは、ワンルームのほうが家賃は安いけど1Kも捨てがたくて悩んだ経験はあると思います。

この記事では、ワンルームはやめたほうがいいと言われる理由やメリット、選ぶ上で注意すべきポイントなどを解説していきます。

\ お部屋探しならご利用者117万人突破の「イエプラ」/

  • 店舗に行かずに物件探しができちゃう
  • 深夜0時までチャットで秒速対応(専任のプロフェッショナルが対応)
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単に登録(営業電話なし)

【対応エリア】東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、三重、岐阜、大阪、京都、兵庫 ※一部エリアを除く

全国賃貸情報 アパマンショップ
本記事のポイント

 

ワンルームは家具の配置次第で化けることもあります。ちょっとしたDIYが得意な方はおすすめです。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

ネットで頼むと安くなる!!

ワンルームはやめたほうがいいのか

結論、自炊中心の生活を送りたい方やプライバシーを守りたい方には向いていません。

デメリットとして挙げられる具体的なポイントについて解説していきます。

HAYABUSA
HAYABUSA

ワンルームは、料理の臭いが部屋中に充満したり、宅配業者などの来客者から部屋内を見られやすくなります。

ワンルームなので衣類に匂いがつきやすい

寝室とキッチンが同じ空間なので、料理などをするとどうしても部屋干ししている洋服などに匂いがついてしまいます。

ワンルームなので訪問者に部屋内をみられやすい

宅配業者などの受け取りのタイミングなどで、何かしらの対策をしていないと部屋の中を見られてしまう場合があります。

つっかえ棒などで即席カーテンをして目隠しするなど工夫が必要です。

ワンルームなので収納が少なく荷物がみえてしまう

広さの問題でなかなか難しいですが、工夫をしないと収納が少ないので荷物をむき出しで保管することになります。

空いたスペースなどに、突っ張り棒式のハンガークローゼットなどで収納を造って目隠しできると収納問題が多少改善できます。

目次に戻る↑

ワンルームのメリット

ここでは、ワンルームのメリットについて解説します。

スペース的な問題はあるものの、逆に便利な部分もあります。

家賃が安い傾向にある

分かりやすいメリットとしては、家賃が安いことです。

渋谷区で徒歩10分圏内の「ワンルーム~1LDK」の家賃相場について比較してみました。

間取り家賃相場
ワンルーム11.7万円
1K11.8万円
1DK15.4万円
1LDK19.8万円
引用:SUUMO

家賃相場なので、平均値の数字です。平均値だからこそ、ワンルームのほうが家賃は安い傾向にあることが分かります。

HAYABUSA
HAYABUSA

ワンルームなので部屋が広く見える

玄関から部屋を一望できるので、広くみえます。上層階だと、景色と一体化しているような錯覚をおこして解放感がでたりします。

同じ平米数の1Kタイプよりも広く感じるのがワンルームです。

HAYABUSA
HAYABUSA

眺望がいい部屋だと逆にワンルームの方が部屋の価値が上がる印象です。

ワンルームなので家具のレイアウトがやりやすい

家具を間仕切りとして使うことができるので、レイアウト次第で部屋の雰囲気を自由に変えることができます。

ワンルームなので掃除が簡単

狭いスペースも少なく掃除がしやすいのもワンルームのメリットの一つです。

目次に戻る↑

ワンルームを選ぶ上での注意点

ここでは、ワンルームを選ぶうえで注意すべきポイントを解説していきます。

玄関から動線のある間取りを選ぶ

ワンルームの場合、専有面積が部屋のスペースということになりますが、部屋のカタチも廊下が多少でもあるタイプとないタイプがあります。

可能な限り廊下のあるタイプを選びましょう。

キッチンの広さを確認する

ワンルームでは、ミニキッチンが設置されていることが多くなります。横幅としては、90㎝、105㎝、120㎝、150㎝が主流になり、奥行きは50~60㎝がワンルームだと一般的です。

ワンルームタイプのキッチン
ワンルームタイプのキッチン

本格的な料理をするには向いていませんが、一人暮らしであれば問題ないような仕様です。

キッチン前の通路幅は一人暮らしだと70㎝前後が多くなります。2人で使うとすれ違うのも大変なスペースです。

HAYABUSA
HAYABUSA

クローゼットの広さを確かめる

一般的なワンルームタイプのクローゼットの幅は、約90~120㎝ほどになります。

最低でも90㎝以上はあるかを確認しておきましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA

クローゼット内にパイプハンガーや棚板があるとより使い勝手がいいです。

図面に書かれた畳数を鵜吞みにしない

よく比較される1Kの場合は、洋室にはキッチンスペースは含まれていません。

一方ワンルームの場合は、キッチンなどの水回りを含んでいるので、物件資料に書かれた畳数のイメージでいると狭く感じる傾向にあります。

ワンルームと1Kの間取り

ワンルームは一見広く感じますが、玄関上がってからのスペースも含まれているので、くつろぐスペースは狭くなります。

HAYABUSA
HAYABUSA

目次に戻る↑

ワンルームに向いている人

ここでは、ワンルームに向いている人のタイプについて解説します。

以下が向いている人の特徴です。

ワンルームに向いている人
  • 家賃を抑えたい
  • 仕事の関係であまり家にいる時間が少ない(寝に帰るだけ)
  • 家で料理をすることがほとんどない(基本的に外食)
HAYABUSA
HAYABUSA

主に学生や若い単身の社会人を中心にワンルームの需要はあります。

目次に戻る↑

1Kに向いている人

1Kに向いている人のタイプについても解説しておきましょう。

以下が向いている人の特徴です。

1Kに向いている人
  • できるだけ自炊がしたい
  • 水回りと居住スペースを分けたい
  • 衣類などに匂いをつけたくない
HAYABUSA
HAYABUSA

特にリモートワークなどで自宅にいる時間が長い人は1Kがおすすめです。

目次に戻る↑

1Kを選ぶ上での注意点

ワンルームを選ぶ場合注意点と重なる部分はありますが、参考までに1Kを選ぶ上での注意点も紹介します。

大事なことは、物件資料に書いてある情報を鵜呑みにしない(誤表記の可能性がある)ことです。

HAYABUSA
HAYABUSA

物件の内覧時には性格な寸法を測ることも大切なので、メジャーは持っていきましょう。

洋室との間に仕切りがあるか確認

図面では1Kタイプになっているけど、現物だと仕切りがないことがあります。

誤った情報が物件資料では書かれていることがあるので、現地でしっかり確認しましょう。

キッチンの広さを確認する

ワンルームの注意点と同じで、キッチンの広さの確認もしましょう。

冷蔵庫スペースの広さを確認する

ワンルームでもいえることですが、稀に冷蔵庫スペースが設置しずらい場所にあったり、幅が足りないこともあります。

今持っている冷蔵庫が入るかをメジャーでしっかり測っておきましょう。

目次に戻る↑

ワンルーム投資では1Kがおすすめ

昨今、少子高齢化に伴い、現在の働き盛りの世代は年金がもらえないと言われております。

その対策として、不動産投資も老後の資産を作っていける一つの手段であり、一番始めやすいのが「ワンルームの不動産投資」です。

ただ、1戸物件を購入するのに数千万のローンを組む必要があり、かなりリスクがあります。そんな時に、少額から始めることができる不動産版のクラウドファンディングを利用するのがおすすめです。

HAYABUSA
HAYABUSA

1万円から始めることができる商品もあります。

不動産投資では、ワンルームより1Kを購入した方がリスク分散の面でもおすすめです。

不動産クラウドファンディング「property+(プロパティプラス)」

目次に戻る↑

まとめ

今回は、ワンルームはやめたほうがいいのかどうかについて解説しました。

本記事のポイント

 

ワンルームと1Kには、メリットとデメリットがそれぞれあります。

家賃を抑えたいならワンルームですが、部屋を分けたい場合はやめたほうがいいです。

結局は、自分のライフスタイルにあった物件を選ぶことが大切なので、この記事を参考にしてみてください。

\ 【ご利用者117万人突破】お部屋探しなら「イエプラ」/

  • 店舗に行かずに物件探しができちゃう
  • 深夜0時までチャットで秒速対応(専任のプロフェッショナルが対応)
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単に登録(営業電話なし)

【対応エリア】東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、三重、岐阜、大阪、京都、兵庫 ※一部エリアを除く

全国賃貸情報 アパマンショップ

なお、ワンルームや1Kでは、分譲マンションを賃貸に出しているケースもあります。

分譲賃貸は設備などのグレードは高いですが、家賃は少し高くなる傾向にあります。以下の記事を参考にしてみてください。

➤合わせて読みたい

 

目次に戻る↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました