賃貸と持ち家で1300万円の差が生まれる?|徹底解説

マンション購入

[PR]当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

「賃貸と持ち家だと持ち家が良いって友人からも言われたんだけど、実際どうなのかな。噂では1300万円ぐらい差が生まれるとか聞いたことある。詳しく知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

 記事の執筆者情報

・不動産業界歴10年以上
・宅地建物取引士 / 2級FP技能士
・住宅ローンアドバイザー
・JSHI公認ホームインスペクター
・賃貸住宅メンテナンス主任者
・日商簿記2級
この記事はこんな人におすすめ
  • 賃貸か持ち家かどちらかで悩んでいる方

この話題は永遠に答えが出るものではありませんが、色々な界隈で興味深く語られている内容です。一時期、賃貸と持ち家で1300万円の差が出るといったことも話題になりました。

この記事では、賃貸と持ち家で1300万円の差が出ることの真偽と、家を選ぶ上で意識することや賃貸と持ち家のメリットデメリットについて解説します。

本記事のポイント

 

HAYABUSA
HAYABUSA

賃貸か持ち家どちらがいいかは必ずぶつかる問題です。

➤合わせて読みたい

 

賃貸と持ち家で1300万円の差は嘘

結論、賃貸と持ち家で1300万円の差が出るのは嘘です。老後の家賃の負担額次第でトータルコストが変わってくるので一概に断言できません。

賃貸と持ち家を比較する上で注意することや意識することを解説します。

そもそもの比較する前提条件がそろっていないまま比較されていることが多々あります。シミュレーションはあくまで参考程度に捉えることが大切です。

HAYABUSA
HAYABUSA

家賃と住宅ローン返済額だけで比較しない

よく目にする賃貸と持ち家をシミュレーションで比較する時に、「家賃」「月々の住宅ローン返済額」だけで比較されている場合があります。

これがそもそも間違いです。

持ち家になると、固定資産税などの維持費がかかってきたり、マンションであれば管理費や修繕積立金がかかります。

単純に数字だけで比較している場合は、あまり意味がありません。専有面積、築年数、駅からの距離などの条件が揃っていないまま比較するのは安易です。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

修繕費はあくまで想定

持ち家のシミュレーションには、今後の修繕費も想定として加味されている場合がありますが、実施するかどうか分からない費用になります。特に、戸建てになると所有者自身の判断で修繕するかどうか決まります。

逆にマンションの場合、実施する時期がある程度決まっているため、現実的なシミュレーションになります。

HAYABUSA
HAYABUSA

ライフスタイルに合った選択をすることが重要

賃貸と持ち家での比較シミュレーションにおいて、賃貸の方がトータルコストが多くかかる結果になることが多いですが、あくまで数字上の想定なので参考程度にとらえておきましょう。

大切なのは自分自身のライフスタイルに合った家の選び方をすることが大切です。

「家を買わないと男として格好つかない」などステータスを意識する方がいますが、自分や自分の家族にとって正しい選択かどうかを優先して選択することが重要です。

HAYABUSA
HAYABUSA

参考までに、賃貸派と持ち家派に関するよくある一般論を紹介します。

賃貸派の意見
  • ローンを背負っていないという意味で身動きが取りやすい(心理的な負担が軽い)
  • 10年経てば新築でも設備含めてグレードは落ちる
  • 近隣トラブルなどがあっても引越しで解決できる
持ち家派の意見
  • 老後も同じ環境で生活ができる
  • ローンを完済すれば年金生活でも住み続けることができる
  • 家が資産になる(売却して現金化もできる)

どちらが正解などはありません。

目次に戻る↑

賃貸の特徴

ここでは、賃貸のメリット・デメリットについて解説します。

賃貸のメリット

比較的自由に拠点を変えることができる点が大きいメリットの1つです。

  • 家族構成の変化などの状況に合わせて住み替えができる
  • 支出が家賃だけなので住居費を想定できる
  • 設備の交換や修繕費用負担が少ない(故意過失でなければ基本的に貸主負担)
  • 持ち家にある維持費(固定資産税など)を払う必要がない
  • 騒音含めた隣人トラブルも引越すことで解決できてしまう
HAYABUSA
HAYABUSA

賃貸の住居費は「家賃」だけなので、心理的な負担も軽減できます。

賃貸のデメリット

老後になっても家賃を払い続けなければならないところがメリットに挙げられます。

  • 家賃を払い続けなければならない(資産になることはない)
  • 自分に合った間取りや設備の家を選びにくくなる
  • 老後の引越しが簡単にはいかなくなる(老後、契約を更新できないことがあること)
  • 持ち家と比べると間取りや設備などのグレードが低い(貸すためにつくってるから)
  • リフォームや壁に穴をあけるなど、住居のカスタマイズができないこと
HAYABUSA
HAYABUSA

老後を見据えると賃貸でいることで住みづらくなってくる傾向にあります。

目次に戻る↑

持ち家の特徴

ここでは、持ち家のメリット・デメリットについて解説します。

持ち家のメリット

持ち家の最大のメリットは、同じ場所で暮らしていける「終の棲家」を手に入れることができるところです。

  • 自宅を資産として組み入れることができる可能性がある
  • 住宅ローン控除期間で一定期間の住居費を抑えられる
  • 住宅ローン完済後は住居費(支出)が減る
  • 自分の好きなタイミングに建て替えや自分好みのリフォームができる
  • 賃貸物件と比べて設備などのグレードが高い

資産になる可能性があるというのは、売却できる前提だからです。第三者に売れなければ資産だったかどうか分かりません。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

持ち家のデメリット

身動きが取りにくくなるというのが、1つのデメリットになってきます。

  • 収入が下がっても住宅ローン返済額(住居費)を下げられない
  • 維持費(固定資産税・都市計画税など)がかかる
  • 売却しない限り資産になっていたか分からない
  • 住居の修繕や保全にコストと手間がかかる
  • 引越しが簡単にできなくなる
HAYABUSA
HAYABUSA

戸建てにおける修繕コストは、自分自身で計画的に積み立てていかなければなりません。

目次に戻る↑

賃貸と持ち家、それぞれに向いているタイプ

持ち家と賃貸におけるそれぞれ向いている働き方など、よくあるタイプを紹介します。

ずっと同じ環境だと飽きやすいなどの性格的な部分における向き不向きも多少は関係してきます。

HAYABUSA
HAYABUSA

持ち家に向いてるタイプ

働き方や生活拠点を固めたい方には向いています。

  • 毎月の家賃支払いを無駄だと感じる
  • 収入が安定している(会社員を続けるなど)
  • 貯蓄が十分にある(頭金や諸費用を現金で用意できる)
  • 小さな子どもがいる

賃貸に向いてるタイプ

色々な意味で流動的な生活スタイルの方や好む方は賃貸が向いています。

  • 仕事上、転勤の可能性ががある
  • ずっと同じところに住むことに抵抗がある
  • 単身や夫婦二人暮らしの世帯の
  • 将来的に実家を相続する可能性がある(資産を引き継ぐ予定がある)

目次に戻る↑

賃貸と持ち家、選んだ人のそれぞれの体験談

参考までに、実際に持ち家と賃貸暮らしを選んだ方の体験談を紹介します。

個別の事情があって賃貸暮らしを選んだ世帯など、選んだ選択肢どちらにも正解はないことが分かります。

HAYABUSA
HAYABUSA

持ち家を選んだ人の体験談

いずれ買うつもりだったけど賃貸を気にっていて延ばし延ばしにしていました。キッカケは上に引っ越してきた住民がうるさくて、妻が嫌になった。戸建てにしたは二人の希望(札幌だから除雪しなきゃダメ)今のところにしたのは賃貸で住んでた近くにたまたま土地を見つけたから。(エリアとして気に入っていたので、選定は間違いなし)買う決断は予算的に「ここ買わなかったらもう他買えないな」って思ったから。

yahoo智恵袋

子供の頃はマンション生活でしたが、色々とトラブルで苦労が多かった話は聞いていたので最初から持ち家は一軒家しか考えてなかったです。その上で駅から徒歩10分圏内、スーパーや買い物に便利で小中学校からの距離も近く、公園も近くにあることから今の場所に家を建てました。比較的高齢の方が多く静かだったのも決め手になりましたが、数年前に引っ越ししてきた家族がやりたい放題なので静かな環境は奪われてしまいましたが(汗)どんなに悩んで完璧だと思って購入しても、環境が変わることはあるので気楽に考えましょう。

yahoo智恵袋

理由は以下に列挙です

1.子供たちに隣人や階下の人に気を使い静かにしなさいと言わなくてもよい一戸建て。

2.玄関を開けたら土が見えるロケが子供たちにやさしい。バーベキューや花火や、雪合戦など子供が小さい時に庭でたくさん遊んであげられた。

3.災害が少ない地域に、リスクの少ない土地を選んで、災害に強い家を納得して作りたかったから。子供のころ社宅暮らしが長く、コンクリート造りの家は閉塞感が強く、明るく開放的な家にあこがれていたから。

4.趣味のバイクや車を自宅の庭でするのが楽しいから。

以上です。

yahoo智恵袋

賃貸を選んだ人の体験談

隣人問題があったら、引っ越せる。これに尽きると思います。最近は、もしもどころではなく、生涯で必ず大きな災害に見舞われるので、災害時に持ち家の倒壊なんかの話を聞いていると持たない方がいいなと思ってしまいます。周りは20代から家を買う人が多かったので、話を聞いていて、地方なら買った方が徳だなとも思いましたが。

yahoo智恵袋

分譲マンションや、戸建てだと、固定資産税がかかりますし、何十年に一度、修繕すると思うので、いくらかは積立しておく必要があるかと。(分譲だと管理費が結構な金額になるかと)

yahoo智恵袋

目次に戻る↑

まとめ

今回は、賃貸と持ち家で1300万円の差が出ることについて解説しました。

本記事のポイント

 

賃貸と持ち家で1300万円の差が出るというのは嘘です。

ありがちな比較方法として、家賃と月々の住宅ローンで比較することがありますが、持ち家になると維持費もあるので正確な比較になりません。

この記事を通して、賃貸と持ち家を間違った比較方法で判断する方が減って頂ければ嬉しいです。

失敗しないマイホーム購入をする上では、ほとんどの方が利用する住宅ローンにおける基本的な知識が必要です。以下の記事を参考にしてみてください。参考になる書籍が多数あります。

➤合わせて読みたい

 

目次に戻る↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました