住宅ローン

住宅ローン

住宅ローン9000万円を組む場合の必要な年収は?|徹底解説

9,000万の住宅ローンを組む場合の目安年収(世帯年収含む)について記事を公開。無理のない返済ができる目安年収は1,800万円です。基準とする年収は「手取り」で見ることが大切です。本記事で堅実な住宅ローン利用を理解して頂ければと思います。
住宅ローン

住宅ローン8000万円を組む場合は年収いくら必要?|徹底解説

住宅ローン8,000万円を無理なく返済できる目安年収について記事を公開。結論、1,600万円あれば無理なく返済できるようになります。本記事で8,000万円の住宅ローンを組む場合の注意点などを参考にして頂ければと思います。
住宅ローン

住宅ローン7000万円を組むために必要な年収について|手取りに注目

住宅ローン7,000万円に必要な目安年収について解説。無理なく返済できる目安年収は1,400万円以上です。住宅ローン審査においては、属性次第で800万円以上でも通貨してしまう可能性はありますが、かなり苦しい返済生活になると思います。「借りられる金額」と「無理なく返済できる金額」には差があることを本記事で理解して頂ければと思います。
住宅ローン

住宅ローン6000万を組むにはどれぐらいの年収が必要?

住宅ローン6,000万を組むための目安年収について知りたいですか?この記事では、6,000万の住宅ローンを組むための最低年収1,300万以上が必要なことから、無理なく返済するためのポイントについて解説しています。この記事を読めば、失敗しない住宅ローンの利用ができるので、ぜひ最後までお付き合いください。
住宅ローン

住宅ローンを5500万組む場合の返済額は?|徹底解説

住宅ローンを5,500万組んだ場合の月々の返済額や総返済額について知りたいですか?この記事では、月々の返済額から総返済額、5,500万を借りるために必要となる年収など解説しています。この記事を読んで、適正な予算の組み方を把握できるので、ぜひ最後までお付き合いください。
住宅ローン

住宅ローンで2軒目を買う場合のポイント|徹底解説

2軒目を住宅ローンを利用して買う場合の気をつけるべきポイントについて解説。結論、要件を満たせば住宅ローンの利用は可能です。ただし、セカンドハウスや親族居住用だと、住宅ローン控除がそもそも適用されません。住み替えローンは、要件を満たせば適用できます。本記事で参考にして下さい。
住宅ローン

住宅ローン控除1年目は確定申告が必要?|徹底解説

住宅ローン控除の申請に伴う確定申告のポイントについて解説。特に会社員(給与所得のみ)初年度に確定申告をしないと、以後ずっと確定申告をしないといけなくなります。自分で税金を申告して納税する文化がない方が多いと思うので、本記事で必要書類や流れを理解していただければと思います。 
住宅ローン

住宅ローンを4000万組むには世帯年収どれぐらい必要?|徹底解説

4,000万円の住宅ローンを組む場合の世帯年収(単独の年収含む)の目安について記事を公開。結論、年収約665万円以上あれば余裕を持った返済ができます。金融機関が「税込年収」を基準にしますが、返済負担率は「手取り年収」に対して25%以下を基準としておいて、物件価格に応じて比率を上げていく方法が健全です。参考にして頂ければ幸いです。
住宅ローン

住宅ローンを3500万組むのはきつい?|徹底解説

3,500万円の住宅ローンを組む場合の年収について解説。理想年収は、600~650万円で、返済比率は、手取年収に対して25%以内が理想。手堅い試算をしてから予算を上げていくなどリスクを取るか取らないかの判断をすることが大切です。
住宅ローン

住宅ローン返済中に離婚する場合のやることとは?|徹底解説

離婚した場合の住宅ローンの残債処理について知りたいですか?この記事では、離婚する場合の自宅の売却含めた具体的な対応方法を詳しく解説しています。ぜひ最後までお付き合いください。