家を買ってはいけない時期ってあるの?

マンション購入

[PR]当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

「家を買おうと思ってるけど、買うべき時期とかあるのかな。詳しく知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

 記事の執筆者情報

・不動産業界歴10年以上
・宅地建物取引士 / 2級FP技能士
・住宅ローンアドバイザー
・JSHI公認ホームインスペクター
・日商簿記2級
この記事はこんな人におすすめ
  • これから家を買おうと思っている方
  • 結婚や出産などの人生のターニングポイントを迎える方

「世間で言われてる金利が高い時は家を買っちゃダメとか言われるけど、それ以外で家を買ってはいけない時期ってあるのかな…」

このような悩みを持った方は多いのではないでしょうか。家の購入は、人生における3大資金の1つです。

人生におけるタイミングと市況や経済的な部分でのタイミング含めて、妥当と思われる時期で買いたいですよね。

この記事では、家を買ってはいけない時期や家を買ってはいけない人の特徴について解説します。

本記事のポイント

 

↓住まい選び・家づくりの無料相談はこちらをクリック↓

色々と生活が定まっていない状況で家を買うのは危険です。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

家を買ってはいけない時期

早速、家を買ってはいけない時期について解説します。

結論、自分自身や経済含めた何かしらの「変化」が起きる(起きている)ときは、控えましょう。

具体的に解説していきます。

ライフスタイルが定まっていない時期

転勤や転職などで、生活環境が変わる可能性のある時期の家の購入は控えましょう。

特に住宅ローン審査において、「勤続年数が足りない」や「在籍確認が取れない」などで不利になるケースが増えてきます。

⋙ 住宅ローンの審査における在籍確認|融資実行まで要注意

また、家を所有していることで、転職や転勤のタイミングでの売却や賃貸に出すことに手間と費用がかかり、身軽に動けないことがあります。

ライフスタイルでもう1つ。今後の家族構成(子供の予定など)が未定なら、家の購入はまだしないほうがいいです。家を購入してから部屋を1つ増やすのは難しくなります。

ライフスタイルの変化によって「自分や家族の希望条件が変わる」ということも考慮しておきましょう。

➤合わせて読みたい

 

定年退職を迎える時期(老後)

定年退職のタイミングで家を買うのはやめましょう。

定年退職(60〜65歳)の時期に住宅ローンを組むと、15〜20年という短期間で完済する必要があり、月々の返済額の負担が年金生活にのしかかります。(頭金がないと負担増)

⋙ 頭金なしで住宅ローン審査は危険?|メリット・デメリット

一般的な金融機関は、ローン返済の年齢期限を80歳までにしています。

家を買うと、住宅ローンの返済以外の維持費(税金や修繕費)もかかるため、定年退職の時期に家を購入することは、おすすめしません。

手元に潤沢な現金がある場合を除いて、退職金で家を買うのもやめましょう。退職金は老後資金に充てるお金なのです。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

金利の上昇局面にある時期

住宅ローン金利が上昇局面のタイミングでは、家の購入はできるだけ避けましょう。金利は月々の返済額に大きく影響してきます。

⋙ 住宅ローンにおける0.1%の金利の違いがもたらす総支払額への影響

金利1%違うだけで、3,000万円の借入をすると「総返済額に約600万円の差」が出てしまいます。(条件:返済期間35年、元利均等返済、頭金なし、融資保証料や手数料なし)

3,000万円借入した場合の返済額(例)
  • 金利1%:総返済額3,556万7,998円(うち利息分556万7,998円)
  • 金利2%:総返済額4,173万9,108円(うち利息分1,173万9,108円)

家を買う少し前から金利の動向は確認するようにしておきましょう。

住宅ローンの金利情報(住宅金融普及協会)

家の購入は、損得だけではなく「こんな家に住みたい」などの理想を叶えるものでもあります。なので、欲しい家が見つかったタイミングで金利など気にせずに買ってしまうということも選択肢としてはありです。

➤合わせて読みたい

 

物価が上昇している時期

物価が上昇すると、建築資材のコストなどが上がって、特に新築の価格が上昇します。

そのため、「物でもある家」の価格もつられるように高くなるので、必然的に住宅ローンの返済額が増えてしまいます。

物価上昇の例として、2021年から始まった木材不足「ウッドショック」があります。現在は収まってきていますが、海外情勢の悪化の影響で輸入と資材高騰で建築費が上がり、日本の住宅にも影響を与えました。

「ウッドショック」が驚くほど住宅価格に転嫁されたように、物価上昇の家の購入は控えるようにしましょう。

規模次第では「鉄筋」より「木造」のほうが建築費として高くなっているという声もありました。

HAYABUSA
HAYABUSA

利用できる補助金や減税制度が少ない時期

極力にはなりますが、「補助金や減税制度」が利用できるものが多い時期に家の購入ができるとベターです。特に住宅ローン減税(年末ローン残高の0.7%を控除)以外の補助金はいきなり打切りになることもあります。

家の購入時に利用できる補助金(例)
  • 住宅ローン控除
  • こどもみらい住宅支援事業
  • 地域型住宅グリーン化事業
  • ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)補助金
  • すまい給付金 ※現在は終了

こどもみらい住宅支援事業のように、補助金申請額の予算上限を超えると受付終了になる制度もあるので注意しましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA

補助金や減税制度については、不動産会社やハウスメーカーにも確認をしてみましょう。

目次に戻る↑

家を買ってはいけない人の特徴

ここでは、家を買ってはいけない人(パーソナリティ)の特徴を解説します。

転勤が多い

仕事の関係で転勤が多い方の購入はおすすめできません。

単身赴任ではなく、家族で転勤先近くに引っ越す場合は、購入は控えておいたほうがいいです。購入してしまうと、次の転勤のタイミングで住まいについて悩ましい問題が出てきます。

転勤先でセカンドハウスを買う場合は別ですが、購入することで所有者としての管理責任なども増えてきます。

⋙ 住宅ローンで2軒目が買える場合の気をつけるべきポイント

「いろいろな場所で暮らしてみたい」や「飽き性」などの理由から一拠点にとどまれない性格の方は、購入がストレスになる場合があるので控えましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

家族構成が変化する可能性がある

先ほど解説したように、子供の予定がはっきりしていない状況での購入は控えましょう。

購入するにしても部屋数を希望より1つ増やすなど工夫は必要です。

収入が継続的に安定していない

個人事業主や派遣社員など、収入が安定しにくい働き方をしている方は購入はおすすめしません。

収入が安定しないまま無理して家を買うと、収入が下がったときにローンが払えずに自己破産する可能性もあります。住宅ローン審査で通らないほうが良かったという場合もあります。

⋙ 住宅ローンの審査に通らない驚きの理由|対策

住宅ローンの返済は、収入の有無にかかわらず毎月請求されます。

HAYABUSA
HAYABUSA

すでに他のローンを多く抱えている

家を購入する前から多額のローンが残っている方は購入は控えましょう。

借入に対する年収が足りなく、住宅ローン審査に通らない可能性がありますし、個人信用情報に傷(ブラックリスト)がついていたらそもそも難しいです。

⋙ 住宅ローン審査の明暗を分けるCICとは【信用情報の見方】

仮に審査が通って家を購入することができても、生活が苦しくなるだけです。

会社から家賃手当が出ている

大手企業などにある「家賃手当」がある方は、安易に購入しないで「どっちがライフプランに合っているか」ということを考えるべきです。

「家を買うのと家賃手当で賃貸暮らしのどちらがいいか」をファイナンシャルプランナーに相談して、実際にシュミレーションしてもらって検討することが堅実です。

⋙ ファイナンシャルプランナーに相談するデメリット3選

家を買ってしまうと手当てがなくなる場合は、手当が貰える年齢ギリギリまで手当をもらってから家を買う。

HAYABUSA
HAYABUSA

目次に戻る↑

家を買ってはいけない時期にすべきこと

では、家を買ってはいけない時期にやっておくべきことを解説します。

当然、子供の予定や間取りなどは大体は決めておいたほうがいいですが、最も大切なのは自分の年収「予算」を決めておくことです。

資金計画をしておく

まずやることとしては、自身の資金状況を「見える化」しておくことが大切です。

そのために、下記のようなシートで自分や夫婦のお金の出入り状況をまず把握しておきましょう。

\ お金の流れを見える化できる /

 

資金状況を把握できたら、住宅購入にどれぐらいの自己資金を出せるかということも確認しておきましょう。

⋙ マンション購入時の予算の決め方|これを見れば安心

あとは、住宅ローンの基礎知識や仕組みを書籍などで学んでおくことも大切です。

⋙ 住宅ローン おすすめ本の紹介

不動産会社や金融機関の言われるがままに紹介された住宅ローンを契約してしまうのも危険です。

目次に戻る↑

家を買うタイミング

では逆に「家を買ってもいい時期」はいつなの?ということについて解説します。

主なタイミングとしては、以下の3つです。

↓住まい選び・家づくりの無料相談はこちらをクリック↓

子供が生まれる前後のタイミング

一番分かりやすい、子どもが生まれる前後のタイミングです。

夫婦だけの時にはあまり考えなかった、近隣(公園、保育園、小学校、病院など)が子育てに向いているエリアかどうかを考えるきっかけになります。

お金の面についても、住宅費と教育費を含めた資金計画を組むことができるメリットがあります。

子育てしやすい環境をしっかり選びたい方ほど、出産の前後に家を購入ことがおすすめです。

HAYABUSA
HAYABUSA

子供が進学するタイミング

小学校や中学校の入学する前のタイミングで家を買うのもおすすめです。

子供もある程度大きくなってくるので、部屋数や広さも定まってきます。

小学校から中学校を卒業するまでの9年間は同じ地域の学校に通うことが多いので、定住しやすくなります。

気に入った家(土地)を見つけた時

理想の家や土地が見つけたときに決めてしまうことも1つのタイミングです。

家の選び方を決める基準として「理想=夢」と「損得=経済合理性」のバランスがあります。割合は人それぞれですが、「理想=夢」に比重をかけて家を決めるのも、幸せな家の買い方です。

⋙ 賃貸と持ち家を比較|理想or損得

普段から夫婦間での家に対する考え方を意見交換できていれば、良ければ即決することができ、物件の取り逃がしを防ぐことができます。

HAYABUSA
HAYABUSA

目次に戻る↑

まとめ

今回は、家を買ってはいけない時期について解説しました。

本記事のポイント

 

家を買ってはいけない時期は、さまざまな部分で安定していない状況にあるときです。

家族構成や仕事、あるいわ収入が安定していないなど。

また、住宅ローン審査という点においても、安定していないことは審査において不利になります。

家を買ってはいけない時期に、自身の資金状況を把握したり夫婦でライフプランを考える時間にあてましょう。

この記事を見ていただき、家を買うタイミングを考えるきっかけになれば嬉しいです。

目次に戻る↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました