独身女性がマンション購入で後悔するケースとは?

マンション購入

[PR]当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。

「今までずっと賃貸に住んできたけど、30代中盤だしこのままでいいのかな。いっそのこと買っちゃった方が安くおさまりそうな気がしてる、、、詳しく知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

 記事の執筆者情報

・不動産業界歴10年以上
・宅地建物取引士 / 2級FP技能士
・住宅ローンアドバイザー
・JSHI公認ホームインスペクター
・日商簿記2級
この記事はこんな人におすすめ
  • 独身女性でマンション購入を考えている方
  • 後悔しないマンション購入を実現したい方

最近、独身女性がマンション購入をするケースが増えています。

実際にどんな理由で買っているのか気になりますよね。

世の中の価値観や働き方が変わってきたというのもありますが、女性こそマンション購入をするべきという意見もあります。

この記事では、独身女性がマンション購入をしたあとに後悔したよくあるケースについて解説していきます。

\ マンション購入で、誰にも縛られない人生を /

本記事のポイント

 

不動産購入の後悔や失敗は、精神的な部分含めて取り返しのつかないことに繋がる可能性が高くなります。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

▼どれだけ使っても無料▼

独身女性がマンションを購入して後悔するケース

まずはじめに、独身女性がマンションを買ったあとに後悔するよくある以下のケースについて解説します。

➤合わせて読みたい

 

資金計画をしないまま購入してしまった

自分が買える予算をよく調べないまま、物件が気に入って住宅ローン審査が通ったから買ってしまうケースです。

しかし、数年後に月々の返済が苦しくなり、生活が大変になってしまうことがあります。

年収から見てどれぐらいが適正な予算なのか」や、「変動金利か固定金利どちらを選べばいいのか」など、計画を立てないまま買ってしまうとあとで苦労することがあります。

また、購入後の維持費(固定資産税・都市計画税、管理費・修繕積立金)も考慮する必要があります。

30代に入ると漠然とした焦りで買い急いでしまうことってありそう。資金計画って大事なんだ…。

はい、大切です。女性に限ったことではありませんが、資金的な部分も含めた現状把握と今後のシミュレーションをしっかりして資金計画を考えていきましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

収入が減りローン返済ができなくなった

資金計画に関連するところですが、勤務先の倒産や体調を壊して収入が低下するなど、買った時の年収を維持できなくなるケースです。

万が一何かあった時でも返済できるような予算で住宅ローンを組むようにしましょう。

転職して年収が下がってしまうこともあるし、適正な予算を知ることは大切ね。

その通りです。30代になると仕事の方向性を固めていく年代なので、良くも悪くも転職はあり得ます。今後のライフプランを踏まえて自分に合う住宅ローン商品を選びましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

防犯面が弱いマンションで怖くなった

独身女性にとっては最も不安になる防犯の部分です。

新築マンションだと防犯設備はしっかりしていますが、中古マンションになると整っていないところがあります。

共用部の防犯カメラの設置状況など、専有部以外も内見時に確認しておきましょう。

部屋の中が気になって共用部を見落としがちになるのは、ホントあるあるだと思う。

仕方ないことですが、共用部もよく見ておきましょう。築20年前後のリノベーション物件などは、専有部は綺麗なのに共用部の防犯設備が手薄になっているケースがあります。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

周辺環境が良くなかった

前述の共用部も確認することに関連しますが、物件の周辺環境も自身で確認しておきましょう。

物件周辺に電灯があまりない物件とかあるから、その辺りは確認が必要ね。

そうですね。できれば日中に加えて夜の時間帯にも検討している物件近くを歩いてみるといいです。また、近隣住民トラブルなどは、不動産会社経由で売主や管理人にヒアリングをしてもらいましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA

売却がスムーズにできなかった

近年の新築を購入すると、陥りやすいケースだと思います。

新築の価格には、販売業者の広告費や営業活動費などの利益が含まれています。

新築で買ったマンションを売却するときは、メルカリのように「需要」と「供給」のバランスで価格が決まります。とくに新築で購入して年月が経過していない場合は、売却金額だけでローンを完済できない可能性が高くなります。

⋙ 【まとめ】不動産売却におすすめの会社とは|査定サイトの口コミも紹介

購入時に諸費用や頭金を現金で用意するなど、物件の買い方も売却時には影響してきます。

これは知らなかったわ。友人が諸費用含めて資金ゼロで買えたって言ってたから、私もそのつもりだった。

戸建てを買うような、永住する覚悟がある場合は諸費用含めた住宅ローンの利用をしてもいいかもしれません。一方で、転勤の可能性など定住しない可能性が少しでもあれば、頭金をできるだけ入れて、住宅ローンの借入額を少しでも抑えるような方法がいいです。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

目次に戻る↑

独身女性でマンション購入をする人が増えている理由

そもそもなんで女性のマンション購入が増えているのか。買う理由についても解説しておきます。

主な理由は以下になります。

詳しく解説していきます。

中立公平な立場だから安心♪【女性のためのかしこいマンション購入術講座】

老後が心配になったから

女性関係なく、誰でも不安になることです。一般的には現役時代より定年後の方が収入が減ります。また、年金生活に入ると入居審査も通りづらくなるリスクもあります。

まだまだ年収が維持できたり、これから上がる可能性のある現役中にマイホームを買ってしまうのは一つの方法です。

➤合わせて読みたい

 

家賃がもったいないから

家賃は掛け捨てみたいだからもったいないと感じてマンション買う女性も多くいます。

考え方としては、「頭金+住宅ローン支払い総額」「家賃の支払い総額」を20〜30年でみた時にどうかです。長く住むことを考えたら、買ってしまった方が支出として抑えることができるかもしれません。

ただ、勘違いしてはいけないのが、「持ち家=資産が持てる」というのは全てのマンションに当てはまるわけではないことです。

資産になるかどうかは売却して見ないと分かりません。賃貸と持ち家の論争は、売却する前提であることを忘れないようにしましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

持ち家の方がグレードが高いから

一般的な賃貸専用マンションより分譲マンションの方が設備のグレード含めて高級感があります。

また、購入することで、仮に古くなってもリフォームやリノベーションをして、また新しい部屋にすることもできるメリットもあります。

賃貸専用マンションは、所有者が建てて貸すことが目的なので、建築コストをできるだけ抑えて建築されます。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

独身のまま生きていくと決めたから

昨今、色々な選択肢や価値観が大切にされる風潮もあり、結婚せずにシングルのまま生きていくと決める方が増えています。

そのため、自分で資産を作っていくために、マンションを買う女性が増えています。

男性並みの収入を得ているから

単純に能力があれば会社に属さなくても稼げる時代です。世の中の流れとしても、女性の社会進出も加速しています。

このような中で、女性の年収も本業と副業含めると男性並みやそれ以上になり、「家賃もったいないから買cちゃおう」という方が増えてきています。

経済という視点で見れば、良い流れです。

目次に戻る↑

独身女性のマンション購入で後悔しないための選び方

ここまで独身女性がマンションを購入した事例について紹介してきましたが、そもそも後悔しないためにはどんなマンションを選んだほうがいいのかについて解説します。

資産価値が落ちにくい立地を選ぶ

万が一、諸事情で売却しなければならなくなったときでも、資産価値があれば売却もしやすくなります。

⋙ 【まとめ】不動産売却におすすめの会社とは|査定サイトの口コミも紹介

不測の事態に対応できるように、できるだけ資産価値の高いマンションを選びましょう。 

資産価値の高いマンションとは

購入価格と売却価格の下落差が少ない(変わらない・むしろ上がる)ことをいいます。1つは「利便性」が高いことです。利便性が高いと需要のもとになる人が減らないので、価格の下落が起きにくくなります。駅から近いというのも資産価値に影響する1つの要素です。

近隣にはないタイプの希少性が高いマンションも資産価値を維持しやすくなります。不動産会社の立場として、価格を決める時に参考にできるマンションが良い意味でないからです。

HAYABUSA
HAYABUSA

万が一、結婚や出産などで家族が増えると売却しなきゃいけない可能性を考えると、資産価値が高いマンションを選んでおいた方がいいわね。賃貸にも出せるし。

無理のない資金計画を立てる

冒頭でも伝えましたが、適正な予算にするために資金計画をしっかり立てましょう。

年収から逆算することも大事ですが、今後のライフプランも考慮して計画することが大切です。

ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談をして、無理のない資金計画を立てましょう。

⋙ ファイナンシャルプランナー(FP)に相談する3つのデメリット

マンションの購入予算を決める時って今の家賃を基準にすればいいのかな。

家賃だけを基準にすると「借りすぎ」になるので、ランニングコスト(管理費・修繕積立金・固定資産税など)も考慮して資金計画しましょう。

HAYABUSA
HAYABUSA
➤合わせて読みたい

 

管理の運営状況が健全なマンション

昨今はマンション管理の見直しについても注目されてきています。

「マンションは管理を買え」と言われるぐらい管理状態は重要です。

具体的に項目は以下になります。

  • 長期修繕計画
  • 修繕積立金の貯蓄状況
  • マンション全体での修繕履歴

修繕積立金の貯蓄状況など、資金的な部分も含めての「健全性」は中古マンションにおいて大切です。

新築では管理状態はまだ分かりませんが、中古でも管理状態が良いマンションはおすすめです。

長期修繕計画がないとフラット35が使えなかったりと、マンション管理がしっかり運営されていないと購入する時と売却する時どちらも不利になります。

HAYABUSA
HAYABUSA

信頼できる専門家をみつける

不動産を購入したり売却したりする上で、信頼できる専門家と付き合うことは大切です。

最終的な判断をするのは自分自身ですが、その判断に至るまでの経験に基づいた情報を提供してくれます。

不動産営業は属人的な部分が多いので、不動産会社というより信頼できる営業マンを見つけることが大切です。

また、中古マンションでは住宅診断も必要になってきます。建物の専門家であるホームインスペクターでも信頼できる方を見つけておきましょう。

➤合わせて読みたい

 

目次に戻る↑

独身男性がマンション購入で後悔するケース

参考までに、独身男性がマンションを買う理由についても紹介しておきます。

基本的には前述で挙げたケースと重なる部分が大きいですが、男性ならではのケースを紹介します。

新聞やメディアでも報道されている通り、男性の未婚率も年々増えてきています。

親の介護をしなければならない場合

男性だけではないですが、親の介護を実家に戻ってしなければならなくなった場合にマンションを買ってしまったせいで、すぐに拠点を実家に移せない場合です。

  • お金をかけて自分好みの内装にしてしまった
  • 貯金を頭金などに捻出してしまった
  • リモートワークだから立地気にせず好きな立地に買ってしまった

上記のような買い方をしてしまうと、「駅からの距離も遠い立地だったり、自分好みの内装にしてしまったのでなかなか買い手があらわれなかったり、貯金が少ないので売却時にかかる手数料も払えない」など、売却がスムーズにいかなくなります。

資産価値を意識した中でマンション購入をするということが、色々な意味で後悔しない一番の防衛策です。

目次に戻る↑

まとめ

今回は、独身女性がマンション購入で後悔するケースについて解説しました。

本記事のポイント

 

女性に限らず、どんな不動産を選ぶかどうかで、そのあとの人生が変わってくることもあります。

特にマンションは立地が良く利便性も高い傾向にあるので、売却しても高く売れる可能性があります。

もちろん一生賃貸でも選択肢としてありですが、老後を安心して生活するためや後悔しないためにマンションを購入する選択肢もありです。

この記事を読んで、後悔しないマンション購入を送る方が少しでも増えたら嬉しいです。

\ マンション購入で、誰にも縛られない人生を /

本記事の中でも触れましたが、中古物件には購入前のホームインスペクション(住宅診断)が欠かせません。以下の記事を参考にしてみてください。

➤合わせて読みたい

 

目次に戻る↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました